研修のご案内

  • 研修のご案内

小児科専門研修

浜松医科大学小児科の研修プログラムでは、市中の最前線で一般診療、乳幼児検診、予防接種などを通して子どもを診る力を養い、急性疾患に対応できる技術や知識を身に付けます。さらに大学病院や基幹病院では、小児特有の基礎疾患の専門診療を通して複雑な病態や高度な医学的知識を学びます。
2021年度の最終採用人数は9名、2022年度の最終採用人数は4名でした。

2023年度浜松医科大学小児科専門研修プログラム

公表されている専門研修プログラムは学会による一次審査を通過したものであり、機構による二次審査の結果、修正・変更がありうることをご承知おきください。
応募は日本専門医機構の案内に従って行ってください。

研修フローチャート

小児科各専門領域の専門医取得、サブスペシャリティ研修

  1. 研修施設は浜松医大または国内外施設を選択
  2. 研修後の専門知識・技術の発展・還元
  3. 研修開始施設は基本的に大学とする
  4. 臨床では専攻医の取得を目指す
  5. 研究では学位の取得を目指す

後期研修終了後(卒後5年目以降)はサブスペシャリティ(臨床&研究)の研修を開始し、小児科専門医取得準備を同時進行で進めます。分野の選択は各自の希望を優先し、期間は約2~3年間を予定しています。
※「サブスペシャリティ」とは「臓器/器官別専門医」のことで、各領域(感染症、循環器、腎臓、神経、アレルギー、免疫、血液腫瘍、内分泌など)の専門家を目指します。

診療グループのサブスペシャリティ研修

海外留学

アメリカ、イギリス、スイスといった国々に留学をしています。

大学における指導責任者

  • 専門医制度指導責任医・感染症
    宮入 烈(教授)
  • 神経
    福田 冬季子(特任教授)
  • 遺伝・内分泌
    藤澤 泰子(病院准教授)
    緒方 勤(特命研究教授)
  • 新生児
    飯嶋 重雄(特任教授)
    大石 彰(病院講師)
  • 血液・腫瘍
    坂口 公祥(講師)
  • 循環器
    石川 貴充(准教授)
  • 腎臓
    内田 博之(診療助教)
    北形 綾一(診療助教)
  • アレルギー・免疫
    夏目 統(助教)
    安岡 竜平(特任助教)

小児科説明会

2022年度 説明会

2022年8月3日 Web説明会 

詳細[PDF:480.2KB]

2022年7月8日 未来開拓セミナー(会場:浜松医科大学)

詳細[PDF:1.2MB]

 ※Web無し
2022年6月19日 小児科説明会 in 浜松(会場:浜松駅前)

詳細[PDF:729.4KB]

2021年度 説明会

2022年3月31日 懇親会(COVID-19流行のため中止)
2022年2月16日 Web説明会
2021年10月31日 小児科説明会 in 浜松秋(会場:浜松医科大学)
2021年7月16日 未来開拓セミナー(会場:浜松医科大学+Web)
2021年6月5日 小児科説明会 in 浜松(会場:浜松駅前)
2021年3月20日 Web説明会